【2021年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

イベント企画の具体的な種類とは?個々の特徴を理解しよう!

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/07/28


認知度を拡大し利益に直接つながる会社のイベント企画は、会社の将来を左右する可能性もあります。もっともイベントなどを行ったことがあまりない会社の場合、何をすればよいのかわからないということも多いです。そこで今回は、イベント企画の具体的な種類がそれぞれの特徴について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

イベント企画の種類には具体的にどのようなものがある?

イベント企画と一口にいっても、その種類は数多く存在しておりそれぞれの特徴もまったく違います。そこで以下では、主なイベント企画の8つの種類についてそれぞれ詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

■博覧会

イベント企画で最もオーソドックスなものが「博覧会」です。博覧会では主催している会社がどういったことをやっているのかなどの資料や、取り扱っている製品などを陳列して、多くの人々に見てもらうといったことを中心に行います。

■展示会

博覧会と並んで多くの人々に知られているのか「展示会」です。展示会では取り扱っている製品の展示や体験イベントなど、さまざまな催しを行います。最近では製品を体験する体験型の展示会というのが非常に人気を博しており、実際に取扱っている製品を体験してもらうことによって、今後の収益につなげるといった会社も多いです。

■会議系のイベント

セミナーや勉強会など会議系のイベントを開催するというのも、イベント企画のひとつです。近年ではbtobのサービスや製品を取り扱っている会社が、自社を知ってもらおうという意図でさまざまな会計のイベントを開催しています。また最近では、zoomなどのオンラインイベントを開催するという選択肢もあるのも大きな特徴です。

■フェスティバル

イベント企画の中でも訪れる人などが多く規模が大きいものを「フェスティバル」ともいいます。フェスティバル形式のイベントに関しては、単純にお祭り形式のものや音楽フェスタのようなものまで幅広い選択肢があり、会社の色やスタイルによって柔軟にやり方を変えることができるのも魅力的なポイントです。

■スポーツイベント

イベント企画の中で古い時代から行われているのが「スポーツイベント」になります。オーソドックスなものだと、会社開催のフットサル大会やマラソン大会など、一般の人でも参加しやすいものであるのがスポーツイベントの共通点です。まったくスポーツとは関係ない会社であっても、イベントを通して認知度を拡大し利益につなげることもできるため、PR戦略としては非常に有効なものになります。

■コンベンションイベント

コンベンションイベントとは、会社のサービスや製品の紹介や展示、会社に関するさまざまな新しい情報の発表など、さまざまなやり方でPRを行うことができるイベントになります。

もっとも上記で紹介してきたようなオーソドックスなものとは異なり、何をやるのかというのがあまり定まっていないというデメリットもあるので、会社によってはうまくイベントを利用できない可能性もあるので注意が必要です。

■文化系のイベント

演奏会やワークショップなど、文化系のイベントに関してもイベント企画の種類の1つです。会社が取り扱っている製品や、売り出し大サービスによっては最適の企画になる可能性も秘めているため、自社に適しているかどうかを見極めるのが非常に重要なイベントでもあります。

■販促系のイベント

自社が有しているサービスや製品を紹介して体験してもらい、認知度を拡大し見込客を増やす目的で行われるのが販促系のイベントの特徴です。1つの会社だけではなく、いくつかの会社と協力して行うなど、イベントのやり方もさまざまなものがあり、使い方によってはできて間もない会社であっても名前を得ることのできるチャンスがあるのも販促系のイベントの魅力になります。

イベント開催までの一連の流れを把握しよう!

一般的にイベント開催に関しては、以下のような流れで行われることになります。

・イベントの目的を会議で決める
・イベントに関する計画を立てる
・宣伝活動を行う
・イベントの開催準備を進める
・イベントの開催を行う

基本的にはイベントの目的を決めた後は、計画に沿ってイベント開催まで宣伝活動や準備を行うというのがイベントの一連の流れになります。

イベント企画をする上での注意点

イベント企画をする上での注意点は「イベントの目的を明確にする」ということです。イベントを企画したとしても、その目的があやふやではほとんどの場合において失敗に終わってしまいます。

そもそもそのイベントが消費者のニーズに適していなかったり、会社が目的としているものとは異なっていたりすると、何のシナジーもまずイベントは終わってしまうということも少なくありません。イベントを企画する段階で、イベントの成功がどうなるかというのがほとんど決まります。まずは企画の段階でしっかりと目的を明確にして、イベントを開催しましょう。

 

イベント企画を成功させるためには、自社のサービスや製品をしっかり見直し、目的に応じて最適のイベントの種類を選ぶのが重要です。イベントの企画の段階で、自社に最適のイベントの種類はどういったものか、目的はいったい何なのかを明確にして、イベントを成功へと導きましょう。

サイト内検索
記事一覧