【2024年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめ会社を紹介します。

イベントの告知をするには告知の方法とタイミングを意識しよう!

公開日:2023/10/01  最終更新日:2023/06/13


イベント企画の成功は宣伝で左右します。東京はイベントの数がとても多いので、的確に告知しなければ集客もできません。最近はSNSでの告知が主流になりましたが、ただ漫然とSNSで呟くだけでは不十分です。ここでは効果が期待できる、イベント告知の方法とタイミングを紹介します。イベント企画を考えている方は、参考にしてください。

ターゲット層を絞って効率よくイベント集客を進めよう!

「ペルソナ設定」という言葉をご存じでしょうか。ペルソナ設定とは、典型的な顧客の年齢、性別、好み、ライフスタイルなどを、具体的に設定したものです。たとえば、新作缶コーヒーの宣伝イベントなら、30代から50代の働く男性、ナイトクラブのイベントなら10代後半から20代の社交的な若い男女など、ペルソナは具体的に設定します。

ターゲット層は明確に

ターゲットの設定(ペルソナ設定)は、できるだけ具体的にしましょう。呼びたい客層はファミリー層か、若い世代か、男性か女性か、ある趣味の人か、と無数のパターンがあります。

ターゲットを絞ればアプローチしやすくなる

SNSの世界では、各業界で利用者層が異なります。ペルソナ設定をすれば、より重視するSNSがすぐ選定できます。Twitterは全年齢の男女がいますが、近年は30代以上が増えています。Instagramは20代から30代の女性、Facebookは30代以上の壮年男性が多い傾向があります。

最近話題のTikTokは、10代の若者に人気です。Instagramなどは充実したキレイさが人気で、Twitterは素の感情をさらけ出すことを好む傾向があります。ペルソナ設定に近い、SNSを重視して宣伝しましょう。

イベントの告知に使える宣伝方法

イベント告知といえばSNSが主流ですが、広範囲に告知したいなら、ほかのアプローチも併せて行いましょう。いま話題の方法から、クラシックな宣伝まで、イベントに併せてアプローチするのが有効です。

SNS、イベント告知サイトで宣伝

ターゲットが決まっている、趣味性の高いイベントなら、SNS告知が最適です。東京のイベントは、全国や諸外国からも参加者が来るので、上手にSNSを使えば、強い宣伝効果が期待できます。

ただし、同じ文面を毎回投稿するのはやめましょう。必ず毎回文面を変え、参加する目玉のイベントの裏側、ゲストの紹介など、マニアックな内容にすると喜ばれます。コメントなどがあれば、親しく交流するのもよいでしょう。

メール、電話、ミニコミ誌、チラシなどが有効なことも

すでに何度か同じイベントを行っているのであれば、前回参加した人の情報が手元にあることがあります。とくに、セミナー系イベントなら、顧客情報を得やすいでしょう。

メールの前文に「前回のイベントに参加された方に送信しています」と書けば、いたずらメールと勘違いされずに、読んでもらえる確率が上がります。高齢者の参加者を集めたいときは、電話やチラシも有効な戦略です。

告知のタイミングや回数も重要!

告知のタイミングは、2か月前から行うのが理想です。まだ具体的に決まっていなくても、イベント会場を抑えたらすぐ告知を始めましょう。

SNS告知は毎回内容を変えて

SNSではリアルタイムに告知ができますが、テンプレ文ではすぐにフォローを外されてしまいます。フォロワーを飽きさせないためにも、毎回考ちがう文章で告知しましょう。イベントの目玉になることを最優先に書き、魅力をアピールします。ストレートな告知と宣伝は、週に一度から二度ほどに留め、あとはイベントの魅力や裏側を紹介するとよいでしょう。

まとめ

イベント告知はタイミングと宣伝する場が、成功を左右します。イベントのターゲットを明確にして、その人たちが多い場所でPRするのが認知度を上げる秘訣です。つい毎日アピールしたくなりますが、SNSでの宣伝は過度にやりすぎないほうが効果は期待できます。押し付けにならないよう、読む人が楽しめる内容でアピールしましょう。Twitterに限りますが、人が集まらないときは泣き落としに効果があることも稀にあります。

サイト内検索
記事一覧