【2021年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

販促イベント企画の流れと注意点

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/15


東京で販促イベントを行う場合、どのような商品をアピールするのかを考えていく事になります。企画段階では、イベントスケジュールの流れと会場・開催日時を決めていきます。販促イベントでは、多くの消費者に自社商品のよさを知ってもらう必要があり、テーマを設けてアピールをしていく場です。イベント企画次第で売り上げを左右してきます。

商品の性格を伝える方法について

イベント企画を考える上で、イベントでアピールする商品の性格を考えていきます。販促イベントは、企業が新商品を消費者にアピールできる機会の一つでもあり、実際に体験してもらうことによって、商品のよさを理解してもらいます。魅力的な商品を作り上げても、そのよさが消費者にわからなければ買ってもらえず、売上は伸びないでしょう。

そのため、販促イベントを成功させる事が人々の購入意欲を促進させる起爆剤になる可能性を秘めています。イベント企画では、商品の特徴を捉えてテーマを考え、どのような時間と場所で紹介するのかを決めていきます。

また、どれぐらいの人数のスタッフが必要であるのかも同時に考えましょう。テーマに合わせて衣装やブースを用意する必要も出てきます。イベント企画を立てておく事でスムーズに物事を進められ、販促効果を高められます。テーマを決めてイベント企画を組み立て、成功へと導くようにしていく事が大切です。

販促イベントの会場探しと日時の設定

東京の販促イベント企画を立てて、イベントを成功させるには会場探しと日時が重要な鍵となります。人が集まりやすい場所で催しを行えば、その分商品を実際に見てもらいやすくなるでしょう。会場を探す際には、多くの人々が気軽に行けるようにするためにアクセスがよい場所を選ぶのも一つのよい選択肢です。

借りられる場所は、使用できる時間帯が決まっており、時間帯によって使用料金が異なります。販促キャンペーンを行う目的で借りるなら、借りる場所の使用時間が販促イベントを実施できる時間帯となるので、イベントの日時を決める際には重要なポイントです。

東京には多くのイベントとして使えるスペースやホールがあります。催し物の規模に応じて、スペースを選ぶ必要がありますが、アクセスのよさや知名度も催し物に多くの来場客を呼べるのかが変わってきます。テーマに合ったブースを設置する事にもなるので、そのブースの大きさに合った場所も選ぶ必要があるでしょう。

販促イベントの告知はどのようにしていくのか

東京での販促イベント企画を立てて、実際にイベント会場を押さえてブースを設置し、当日のスタッフも確保して用意が完了すると、いよいよイベントを実施するだけです。魅力のある催し内容になっていても、それを消費者が知らなければ、会場に来てもらえません。そこで、告知が大切になってきます。

告知をする媒体としては、SNSやコマーシャルやチラシなどが考えられるでしょう。SNSの場合は、多くの人々が使っているため、情報を拡散しやすいというメリットがあります。しかし、SNSユーザーで無ければ、情報に気づかない恐れがあるので、SNSユーザー以外への告知はコマーシャルやチラシやポスターなどを活用しましょう。

より多くの人々にイベントを知ってもらう事で、新商品のアピールの機会を広げていく事ができるので、情報拡散はひとつの手段だけでなく、さまざまな手段で行っていく事が望ましいです。イベント企画では、その事まで考えておく必要があります。

 

東京で新商品の販促を目的としたイベント企画を立てていく時に、イベントの内容や会場選び、開催日時や告知方法までを考えていく必要があります。スムーズに催しが行われる事で、商品のよさを消費者に知ってもらう事ができ、結果的に売り上げを伸ばせます。

サイト内検索
記事一覧