【2018年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

イベント企画会社はどのような種類のイベントを企画してくれる?


イベントには様々な目的で実施されるものがありますが、どのような種類であればイベント企画会社が企画を担ってくれるのでしょうか。
基本的な原則と具体的な内容について紹介します。
その実態を理解して使い勝手の良いサービスかどうかを判断できるようになりましょう。

 

企画会社の基本的なスタンスとは

イベント企画会社がどんなイベントなら依頼を請け負ってくれるかは明確に提示されていることがあまりありません。会社側の基本的なスタンスとして、どのようなイベントであっても社内外の人材を使って実施できると判断したら請け負うという形を取っています。

ある種のイベントにだけ特化していて経験を豊富に持っていても、日本全体あるいは世界全体までシェアがあっても担えるイベントの数は高が知れてしまいます。できるだけ広い範囲でイベントを担えないと会社としては立ち行かなくなってしまうリスクがあるのです。そのため、業界や内容を問わずにまずは業者としては話を聞いてみるというスタンスになっています。

そして、実現可能性を十分に吟味した上でこのような形のイベントなら企画や実施が可能と回答してくれる仕組みが一般的です。どんなイベントを実施しようとしているときでもまずは企画会社に連絡して相談してみるのが大切です。

 

具体的に担ってくれるイベントの例

どんなイベントなら行ってくれるのかを具体的に確認しておきましょう。業者に企画を任せてイベントを実施するとなると主に販促のためのイベントとしてファッションショー、コンサート、フェスティバルなどを実施するケースがあります。また、店頭キャンペーンやショッピングモール内でのイベントの実施もあるでしょう。このようなイベントは多くの会社が得意としているイベントです。

一方、展示会の実施や各種学会でのブース展示、あるいはシンポジウムや地域フォーラムなどの開催についても企画を行ってくれます。消費者や他の企業および団体を相手にするイベントだけでなく、社内イベントであっても実施してもらうことが可能です。例えば会社説明会や入社式、インセンティブイベントや福利厚生のための慰労イベントなどが挙げられます。

株主総会などの企画運営においても任せられるため、企業として何らかのイベントをやりたいと考えたら基本的には受け付けてもらえると考えて差し支えありません。規模についても数人単位から数千人単位まで対応できる業者があるので安心です。

 

まずは相談して確認してみるのが大切

こんなイベントでも企画や制作、運営などを行ってくれるのかと悩んだら、まずは企画会社に問い合わせてみましょう。もしかするとそのイベントに関しては当社では扱えませんという回答をされてしまうかも知れませんが、他の企画会社に問い合わせてみると快く引き受けてくれることもあります。

業者によって得手不得手が異なるため、特殊なイベントほど担える業者が少なくなってしまうことは確かです。類似したイベントの企画をした経験があるかどうかもケースバイケースなので、イベントの実施を思い立ったときには複数の会社に連絡をしてみた方が良いでしょう。同種のイベントの実施を経験している業者に依頼した方が失敗が少なくて済むと考えられるからです。

問い合わせるときには実施できるかどうかだけでなく、過去に類似しているイベントの企画や運営を担った事例について紹介して欲しいと伝えるのが良いでしょう。

 

イベント企画会社は基本的にはどんな種類のイベントであっても依頼があったら請け負うというスタンスで業務を行っています。もしイベントを企画会社に任せたいと思ったら、まずは連絡を取って実施可能かどうかを確認してみましょう。複数の業者に連絡を取り、実績の有無を確認した上で依頼するとより良いイベントを企画、実施してくれるでしょう。