【2018年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

イベント企画会社で働くための面接対策をおこなおう

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/07/31

イベントへのニーズが高まっていることに伴い、その人材の確保も急務となっています。

このためイベント企画会社では優秀な人材を確保するためにセミナーなどを積極的に開催するなどして、人材の確保に乗り出しているところです。

ここではそんなイベント企画会社に働くための面接対策について紹介します。

どんな質問にもはっきりと答えよう

まずは基本的なことですが、質問に対してははっきりと丁寧に答えるということです。これは非常に簡単なことですが、いざ面接の場になりますと独特の緊張感に負けて、必ずしも守られていない傾向が多くあります。

その場では誰もが緊張しますので、これはある意味仕方がないことだと考えている人も多くいますが、これは誤りです。面接の場ではっきりとした口調で話ができなければ、緊張感はますます高まるばかりです。

逆に言えば、はっきりと話すことができれば自然と緊張がほぐれるものです。最初に名前を呼ばれた段階ではっきりとした口調で受け答えをしてみましょう。また、大きく深呼吸する、体をほぐすなど、少しでも気持ちを落ち着かせる手段は多くあり、緊張せずに思い通りに臨むことができるようになります。

目をしっかりと見て答えるようにしよう

そして質問に答えるときは質問をした面接官の目をしっかりと見て答える、ということも大切な要素です。うつむきながら答える、あるいは天井を見ながら答えるといった答え方は、答えの内容に自信がないと見られてしまい、マイナスイメージとなります。

これも緊張感が増してきますと、どうしてもやりがちなケースです。はっきりと応えることで緊張感を沈め、しっかりと目を見て答えることができれば、信頼のある人という評価を得ることとなります。

そして何よりも志望動機をしっかり持とう

そして面接官の最も知りたいことは何と言っても志望動機です。なぜイベント企画会社を希望したのか、その理由は必ずと言って良いほど聞かれる内容です。このため志望動機についてはしっかりと自分の中で整理しておくことが必要です。ここで重要なのはこの業界の中でも、特にこのイベント企画会社を選んだ理由はなぜか、という点です。

よく見かけるのが、業界に興味があったので、この会社を選びました、といった内容で伝えるケースです。業界を選んだ理由を見えるにしても、なぜその会社なのか、どうしてその会社に働きたいのかが明確に伝わっていません。これでは十分PRできたとは言えません。ここをきちんと説明できなければ、面接官を納得させることはできません。

そのイベント企画会社の業務内容を十分に理解して、その会社ならではの特徴を捉えて、自分の強みややりがいを感じた経験と結び付けて伝えることがポイントとなります。

 

近年人気のあるイベント企画会社で働くにあたっての面接対策としてまず挙げられるのが、しっかりとした口調で受け答えるという点です。面接の場ではどうしても緊張しますが、受け答えが不十分だと余計に緊張感が増してきます。逆にしっかりと自信を持って受け答えできれば自然と緊張感が低下していきます。

また質問に答える際には質問をした面接官の目をしっかりと見て答えるという点も重要な点です。目をそらしながらの答えでは信憑性に欠けてしまいますので、しっかりと目を見て答えることが重要です。

そして何よりも大切なのが志望動機をしっかりと伝えることです。なぜこの業界のこの会社に勤めたいのか、それをしっかりと伝えていくことがポイントとなります。

サイト内検索
記事一覧