【2020年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

良いイベント企画会社の見分け方とは?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/07/31

イベントを開催しようと思ったときに、イベント企画会社選びは重要です。

選び方次第で結果を左右するといっても過言ではありません。

ここでは、東京の良いイベント会社の見分け方や着目すべき点などをみていきましょう。

大手・地域密着型・専門分野のどれに強いか特徴をつかもう

一口にイベント企画会社といっても、その種類はさまざまです。良いイベント企画会社を見分ける際には自社の予算や目的に応じて、一番フィットする会社を選ぶのがまずは先決です。

イベント会社の種類は、大別すれば「大手」「地域密着・小規模」「専門分野に強い」この3つに分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

まず大手は知名度もあり規模の大きな会社のことです。大手を利用する利点としては、さまざまな分野で開催実績があるため、ユーザーのどんな要望にも対応能力が高いという点が挙げられます。また全国に支店を展開し、下請会社を持っていることも多いため、全国各地で対応可能な場合が多いのです。メディア連携体制も整っていてイベントのPR・集客面でも強いというメリットもあります。

次が地域密着型ですが、このタイプは全国規模ではなく一定の地域での開催を手がけている会社です。利点は小回りがきくことや急な開催にも応じてくれやすいという点です。その地域の特性を把握しており、地元メディアとの連携でPR活動ができます。スタッフ一人一人教育も行き届いているので、信頼感を持って任せられるという点もメリットです。

そして専門分野に強い会社は、大手のようにさまざまな種類の開催実績はない代わりに、特定の分野に特化したイベント開催にはどこよりも高品質のサービスが期待できます。他にはないオリジナルのコンテンツを持っているため、企画の新奇性を求める場合などには、うってつけです。

大規模なイベントや全国対応可能かを重視するなら

大規模なイベントを考えているなら、スタッフ数の多い全国対応可能なところを選ぶと良いでしょう。大規模なイベントになると何よりも人材配置が重要です。そこでマンパワーの手配がスムーズで、かつ十分な人員を配置できる体制が整っているかを確認しましょう。また、MCはもちろんのことコンパニオンやエキストラなど多様なスタッフを派遣できるかどうかも要チェックです。

長年の実績を持つ会社ですと、ユーザーの意図や要望に一番ぴったりのスタッフを組むなど、よりきめ細かいサポート体制を持つところも多いです。一般に、大手の企画会社は全国どこでも開催経験がある場合が多く、会社によっては海外での企画にも対応してくれるところもあります。

品質が高くて低コストを重視するなら

低コストかつ高品質な会社を利用したいという場合は、自社一貫体制をとり余分なコストを削減することで低価格を実現している会社がおすすめです。

イベント企画会社会社のなかには、企画から運営までの流れを自社のみでおこなっているところがあります。そのため、外注・下請けへのマージンがカットでき、リーズナブル価格でありながら品質の高いサービスが実現できるのです。

また一貫体制をとることにより情報が一元化されるため、ユーザーの希望がきちんとイベントに反映されるというメリットもあります。下請け会社に発注する企業の場合、制作側と運営側の連携不備で、ユーザーの意図からずれてしまうということもあります。その点一貫体制の会社ならその心配がありません。

 

自社の商品やサービスの販促のためには、イベントでターゲットを選び、売上げアップにつながるような効果的な集客を図っていくことが大切です。そのためには良いイベント企画会社を選ぶことが必要になります。

東京には大規模イベント対応可能なところや、自社一貫体制を取っているところなどさまざまな会社があり、それぞれに強みを持っています。そのなかから自社の目的や予算に応じた最適な会社を選び、効果的なイベント開催を実現させましょう。

サイト内検索
記事一覧