【2024年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめ会社を紹介します。

夏の風物詩!夏フェスの種類や失敗させないポイントをご紹介!

公開日:2022/11/01  最終更新日:2022/10/12


夏がやってくると、毎年開催されるフェスを楽しみにしている方は多いことでしょう。夏フェスが好きな方は、自分で運営してみたいと思ったことはないでしょうか。この記事では、夏フェスの種類やフェスを失敗させないポイントをまとめています。夏フェスを運営してみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもフェスとは

フェスとはフェスティバルの略であり、短期間で集中的に行われるイベントを指します。フェスには、数多くの種類があります。たとえば、たくさんの有名店が出店して世界の肉料理を味わえる「肉フェス」や、参加者みんなで楽しく走れる「ランフェス」などが人気です。

その中でもとくに人気を集めるのが「音楽フェス」です。フジロックやサマソニといったフェスの名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。「音楽フェス」はライブと違って出演アーティストが多く、規模が大きいイベントでは数万人の観客が集まります。

フェスはバリエーションが豊富

数多くの出演アーティストが曲を披露して盛り上がる音楽フェス。音楽フェスはたくさんの種類がありますが、中でも夏に行われるフェスが人気です。ここではとくに人気のある夏フェスを3つご紹介します。

FUJI ROCK FESTIVAL(フジロックフェスティバル)

毎年7月下旬または8月上旬に開催される国内最大級の野外音楽イベントです。新潟県の苗場スキー場で3日間行われ、世界各国から200組近くのミュージシャンが集まります。フジロックの最大の魅力は、大自然の中でキャンプを楽しめることです。野外ステージから少し離れた場所にキャンプエリアが設置されており、テントを張って宿泊できます。音楽が響き渡る中で数日過ごせるのは、野外音楽フェスならではの体験です。屋台エリアはもちろんBBQエリアもあるため、食事も楽しめるでしょう。

SUMMER SONIC(サマーソニック)

毎年8月に千葉と大阪で開催される都市型の音楽フェスです。アイドルから大物アーティストまで出演するため、幅広い世代の人たちが楽しめます。都市から近いのでアクセスしやすく、日帰りで気軽に行けるのが魅力です。QVCマリンフィールドでは野外気分を味わえ、幕張メッセでは屋内で涼しみながら音楽を聴けます。さらに「ソニ飯」と呼ばれる屋台が出店されてピザや麺類、スイーツなどを音楽と共に堪能できます。イベントのラストには花火が打ちあがるので、夏の気分を思いきり味わえるでしょう。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)

毎年8月に茨城県ひたちなか市で4日間開催される野外音楽フェスです。日本人のロックアーティストだけが出演するのが最大の特徴です。6つのステージに分かれており、メインとなるグラスステージは、東京ドーム4個分もの面積を誇ります。立って音楽を楽しむスタンディングゾーンやシートを敷いて座れるシートゾーン、テントを立てられるテントゾーンに分かれています。食事やグッズコーナーを楽しめるブースもあるので、家族でも楽しめるでしょう。

フェスを失敗させないポイント

人気の夏フェスは、長年にわたり愛されています。なぜこんなに人気があるのでしょうか。ここではフェスを失敗させないポイントについて、まとめていきます。

準備期間をしっかりと設ける

フェスは短期間のイベントですが、準備期間には最低でも半年もの長い時間が必要です。半年前から企画を開始し、会場やアーティストの選定を行います。3か月前には内容を確定させて広報を依頼し、チケット販売をし始めます。さらに台風や大雨といった万が一の事態にも備える必要があります。来場者に満足してもらうためには、事前のしっかりとした準備が大切です。

来場者の動きをイメージする

夏フェスを成功させるには、来場者に満足して帰ってもらう必要があります。そのため来場者の人数や動きを予測して、準備に取りかかりましょう。電源設備やトイレ、駐車場が充分な数を確保できているかを確認しておくことが大切です。さらに会場外に迷惑がかからないためにも、ゴミ箱の設置が必須です。しかし事前に準備しても会場外に迷惑がかかってしまうことがあるので、イベント前には近隣の住民やお店にきちんと挨拶しておきましょう。

付加価値をつける

夏フェスは1日がかりの大きなイベントなので、来場者を飽きさせないための工夫が必要です。人気のフェスで多いのが、グルメブースです。種類が多いのはもちろん、夏であればスパイシーな料理や冷たいデザートがあれば、来場者はイベントの合間に食事を楽しめます。ほかにも最近はSNSを利用している方も多いので、写真映えするコーナーを用意するのもひとつの手です。数日続くフェスであれば、SNSで拡散されて多くの人の目にとまり、より多くの人が来場するでしょう。

まとめ

この記事では、夏フェスの種類と失敗させないポイントについて紹介しました。夏フェスにはいろいろな種類があり、開催されるには長い準備期間がかかることが分かっていただけたのではないでしょうか。夏フェスは音楽やグルメを楽しむにはぴったりのイベントです。開催するためには、事前にしっかりと準備して夏フェスに挑みましょう。

サイト内検索
記事一覧