【2021年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

ワークショップイベント企画の流れと注意点

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/02/15


ものづくりや興味深い体験など、東京で何かしらを実際に自分の手で試してみたい人にとってワークショップは人気です。ワークショップイベントを企画参加したいときには、どのようにすればよいのでしょうか。伝えたいスキルがあるのなら、活かせる場所を探してみましょう。東京でワークショップのイベント企画について関心がある人必見です。

どのようなワークショップをしたいのか具体化する

一言にワークショップといえども、体験の内容や教え方は多種多様です。まずは自身がどのような能力を持っていてそれをどう活かすのかを具体的に考えましょう。たとえばハンドメイドのワークショップを出したい場合に、あまり難しいものや完成に時間がかかり過ぎるものはワークショップには向いていません。

初心者の人ほど体験したい気持ちが強いものです。初めてでも簡単に作ることができる内容を考える必要があります。短時間で作り上げることができるからこそ、客の回転もよくなるわけです。また材料に関しても、たくさんアイテムが必要だったり費用がかかり過ぎたりすると、赤字になってしまいます。

自身がしたいことが、必ずしもイベントに向いているとは限りません。かかる時間や材料費、難易度などを考慮してワークショップイベントに適した内容を企画することが成功の鍵を握っているといえるでしょう。客を呼ぶためには、季節感のある内容にすることもポイントです。

ターゲットによって出店場所が変わる

体験内容は、子ども向きのものもあれば子どもには難しく大人が楽しめるものもあります。お絵描きや粘土細工、工作のようなワークであれば子どもたちが喜ぶでしょう。一方で流行りのハーバリウムや編み物などは、大人向けのワークかもしれません。どんな内容にするかによって、客のターゲットが変わってきます。

どのような層に向けての内容にするのかが決まれば、自然と出店場所も絞られてきます。子ども向けであればファミリー層が多いショッピングモールや子ども向けのイベントでの参加などが理想的です。可能であれば、公園や広場などで出店するのも楽しいでしょう。

大人ターゲットなら、手芸店やハンドメイドイベントで出してみてはどうでしょうか。屋内か野外のどちらが向いているかも、教える内容で異なります。紙や小さなパーツを扱う場合は、野外は風がきつい所もあり屋内イベントのほうが安心です。バルーンアートのような体験コーナーであれば、開放感のある広々とした野外で開催するのが向いているといえます。

地域密着したイベント会社に依頼する

ワークショップの内容やターゲット層、希望の開催場所等が具体的に見えてきたなら、実際に出店企画に向けて行動していきましょう。とはいえ、東京も広いですし自身でイベント出店場所を探すのはなかなか難しいといえます。

場所や内容によって必要な条件もありますし、初めて出店する場合はブース作り等も尚更どうすればよいのかわからない人も多いはずです。そんなときに活用したいのが、イベント企画会社の存在です。要望に合わせて理想的なイベントを提案してくれます。

さらに企画からブース作成やさまざまなサポートをしてくれる点も心強いことでしょう。自分たちだけで集客するのも大変ですが、イベント企画会社に依頼すれば集客のための方法も教えてくれてサポートを受けられます。せっかくワークショップをするのであれば、たくさんの人に楽しんでもらえて自分たちも満足したいものです。イベント会社は、そんな夢と希望に力を貸してくれるに違いありません。

 

東京でのワークショップイベントは、内容とターゲット層を明確にしてから準備を進めていくことが大切です。内容が屋内向きなのか野外に適しているのかも考えなければいけません。場所やブース作りなど、イベント企画会社のサポートを受けることで成功への道が開くことでしょう。

サイト内検索
記事一覧