【2024年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめ会社を紹介します。

お酒を提供するイベントは許可が必要?必要な申請や不要なケース

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/07/11


「イベントでお酒を提供する際、許可をとる必要はあるのだろうか」。イベントを開催するにあたって、こんな悩みを抱えたことはありませんか?そこでこの記事では、お酒を提供するイベントにおける申請手続きや許可が不要なケースについて解説します。イベント主催者や参加者の皆様にとって重要な情報をお届けしたいと思います。

イベントでお酒を提供する場合は申請が必要

イベントでお酒を提供する場合、主催者は許可申請が必要です。なぜなら、お酒の提供は地方自治体の規制や法律によって制約されているからです。申請手続きは、イベントの開催場所や日程、提供するお酒の種類や量、安全対策などの詳細情報を提供することになります。

申請書類の作成や提出期限、申請費用の支払いなど、主催者はこれらの要件を満たすよう注意する必要があります。具体的な申請手続きについては、申請書や設備図などの書類が必要となる場合があります。

また、申請手続きには所要時間や費用もかかることを念頭においておく必要があります。申請方法は各自治体ごとに異なるため、指示に従って申請するようにしてください。

申請が不要なケースとは

申請が不要なケースとは、一部の特定の条件を満たす場合を指します。たとえば、小規模なプライベートイベントや友人同士の集まりなど、限られた人数で行われる非営利のイベントでは、申請が不要とされることがあります。また、法人内の内部イベントも同様です。これらの場合、参加者や周囲の人々に対して販売や提供を行わないため、申請が免除されることがあります。

ただし、一定の人数を超える公開イベントや営利目的のイベントでは、申請が必要となる場合もあります。「参加人数が少ないし、バレなければ問題ない」などといった油断をしてしまうと、最悪の場合、警察からの指導が入る可能性があります。地方自治体や関連機関の規定を遵守し、申請手続きを行うことが重要です。

イベント企画会社に依頼すると安心

イベントでお酒を提供する際の手続きや申請は煩雑であり、主催者にとっては負担となることがあります。そのため、イベント企画会社に依頼することで、手続きや申請の面倒を省くことができます。イベント企画会社は、経験豊富な専門家集団であり、お酒の提供に関する法律や地方自治体の規制に詳しいです。

もし主催者が会社に依頼するときには、イベントのコンセプトや目的を共有し、イベント企画会社に必要な情報を提供します。その後、イベント企画会社は許可申請や手続き、必要な書類の作成などを代行してくれます。また、イベント企画会社は安全対策やトラブル対応なども考慮して計画を立ててくれます。

これにより、主催者がすべて取り仕切ることなくプロの手に任せることで、安心してイベントを開催することができます。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、お酒を提供するイベントは許可が必要かどうかを解説しました。イベントでお酒を提供する際、許可の必要性や申請手続きは重要な要素です。ただし、非営利のプライベートイベントや内部イベントなどの特定のケースでは申請が不要な場合もあります。しかし、注意が必要であり、規模や提供方法によって例外も存在します。

主催者の負担を軽減するため、イベント企画会社に依頼することもひとつの解決策です。経験豊富な専門家であり、煩雑な手続きや申請に精通しています。安心してイベントを成功させるために、許可や申請に関する具体的な情報を確認し、必要な措置を講じましょう。そして、法律や規制を順守し、安全かつ円滑なイベントの実施を心がけましょう。

サイト内検索
記事一覧