【2020年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

志望動機をしっかり考えてイベント企画会社の面接に挑もう

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/31

東京に存在するイベント企画会社に就職をしたい場合には、一体どのような準備をしたらよいでしょうか。

この準備を十分におこなうかどうかで、合格するかどうかが決まると言って良いでしょう。

この場合は、志望動機をしっかりと考えておくことが重要になります。

なぜ志望動機を話すことが重要になるのか

東京のイベント企画会社に就職する場合、面接で必ず聞かれるのは志望動機になります。そもそも、なぜそこまで志望動機を気にする必要があるのでしょうか。これは、雇う立場に立つとその理由がわかるでしょう。

理由の1つは、そもそも動機もなく会社を受ける人が多く、この場合大抵途中で辞めてしまうからです。もちろんどのような動機でも問題ありませんが、少なくともその会社に入る理由を明確にしておきたいところです。

給料が高いからと言う理由はどうか

会社を決めるときに給料で決める人がいます。実際に、ほとんどの人は給料などの待遇で決めるでしょう。それを面接のとき正直に言ってしまったら、合格するのかが問題になります。

基本的に、それだけの理由だと面接官のほうも落とす可能性が高いです。なぜなら、その会社の給料が下がってしまった場合、その社員は続けることができなくなってしまうからです。もちろんお金に執着することは悪いことではありませんが、だからといってその会社に入る目的が単にお金だけだとしたらあまりにも理由がなさすぎます。このように考えると、単にお金が欲しいから、あるいは給料が良いからといった理由を志望動機にするのは避けるべきでしょう。

あとは、家から近いからと言う理由も多くの人が会社を選ぶ理由の1つになります。確かに、通勤時間が1時間半かかるよりも30分以内で行けたほうが楽です。実際そのほうが時間の使い方としても正しいと言えるでしょう。しかしこれも、会社に入る動機としてはやや甘いです。

例えば、もしその会社がどこかに移転してしまった場合その人は会社を辞めることになってしまうはずです。あるいは、会社を辞めない場合でも会社の移転に合わせて引っ越しをすることになるでしょう。そこまでアクティブな人はなかなか存在しません。そのため会社としても、そのような理由で入社をしようとしている人を避ける傾向があるといえます。もう少し明確な理由が欲しいところになります。

その会社でなければ実現できないことを調べる

志望動機を考えるにあたり、1番重要なことの1つはその会社の特徴を理由に組み込むことです。その会社の特徴は他の会社の特徴とは違うはずですので、これにより正しくその会社に入るための志望動機ができ上がると言えるでしょう。このときには、その会社の特徴をよく調べ他の所ではなかなか実現できないような内容を入れておくべきです。

具体的な例を1つ挙げるならば、その会社に就職するとイベントの仕事全般がわかるような場合です。ある程度大きな会社になると、仕事の1部しか体験することができません。もちろん、時間を経ることで全体像が少しずつ見えてくるかもしれません。ですが、大きな会社の場合全体像をつかむまでかなりの時間がかかってしまうものです。

そこで、あえて小さな会社を選べば全体像を比較的簡単に見ることができます。3年から5年もあれば経営についても学ぶことができるかもしれません。もし独立したい人ならば、あえて全体像がわかる小さな会社を選び明確に伝える必要があります。

 

東京のイベント会社に入社する場合には、面接を受ける必要がありますが、このとき志望動機が重要になります。その内容は、単に給料が良いからと言う理由や家から近いからと言う理由では動機が薄すぎます。

そこで、その会社に入らなければできないことを1つ調べておきましょう。例えば独立をサポートするシステムがある会社ならば独立したいことを将来の目標にしていますと面接官に伝えることでより合格しやすくなるというんでしょう。




サイト内検索
記事一覧