【2020年最新版】東京都でイベント会社を探している方必見です!企画・設計・運営まで任せられる業者も徹底調査!おすすめランキングで紹介します。

イベント企画会社が手配してくれる人数は何人まで?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/11

イベント企画会社では、いろんな企画を担い、それこそ話題となる大型イベントを数多く成功させるところまであります。

しかし企画だけでなく、気になるのは必要な人材の確保です。どれくらいの人数までならすぐに手配ができるのかチェックしてみましょう。

規模によって手配できる人数は違う

イベント企画会社というのは、大まかに3種類の会社に絞り込んで依頼するか否かを判断することができます。東京というだけあって、規模が大きい大手や有名イベント企画会社は、メディアにも太いパイプを持っていることも多く集客面に長けています。それこそ1000人規模の集客に応えるところもあるようです。

次にローカルで規模の小さいイベント企画会社の存在です。フットワークが軽く、急なイベントにも順応性があります。その土地を知り尽くしている地元メディアとパイプを持ち、なおかつ自社スタッフが動くことも多いのが特徴です。大手とは違った遣り口の集客サポートですから、中小規模で50人から100人程度のスタッフを手配するならば頼もしさがあります。

最後は、専門分野に特化したイベント企画会社で、製品の発表会など、その意図のとおりに企画から担うのが特徴です。ただ、イベントを成功させられるかどうかは人が要だともいいます。

企画スタッフの数、キャスティングするのならば当日までに手配できる数、そして手配したとしてその人材のクオリティも重要視したい点です。では正直な話し、人数は何人まで手配してもらえるのでしょうか。

希望に添える内容の人数を確保する

とあるイベント企画会社では、イベント開催のノウハウを持っていない企業向けに運営しています。こちらでは制作から運営も自社スタッフが対応、しかも600名の運営スタッフが在籍しています。

また、東京を拠点とするところでは、10000人以上のスタッフを抱えるほど、圧倒的な人という財源が確保されています。結論から述べるならば、大人数を手配する必要のあるイベントから、少人数まで可能という内容です。

加えて、大都市をはじめ、全国どこでもどこからでも相談できるのは魅力です。ただ、地方へ派遣となれば、それだけ費用もかかることに気をつけて、見積もりをしっかり取りましょう。

質のよい人材を1名から手配できる

もちろん、一貫して自社でおこなうところもあれば、代理店のような立場でサポートするところもあります。セールスプロモーションやマーケティングなど幅広い分野から、人材派遣業から生まれたところもあります。ですから、内勤のヘルプにベテランの2人を手配したい、こうした急なイベントに人材が必要な場合などにも対応できるのです。

ちなみに、アーティストやタレントのブッキングを代行することも担っているようです。打ち合わせでは、おおよその人数をもとにリストを作成し、企画書を作成したり、運営までをおこないます。会場選びから任せるのであれば、収容人数に合わせて絞り込んでいく必要もあります。

会場変更もできる、そうした一貫して運営するイベント企画会社を選びましょう。中には、エキストラをはじめ、一般の人では披露宴に呼ぶ招待客の比率を合わせるために、代理で出席してくれる人をブッキングするケースもあるようです。この披露宴を例とすれば、おおよそ100人規模には対応できます。

 

東京には、企業向けであったり、個人的であったり、イベント企画を提案する会社がたくさんあります。もちろん、企業の規模によってはイベントをスムーズに進行するためには100人から1000人規模のスタッフが必要になることもあるでしょう。

個人的にならば、少人数から手配をしてもらえるのであれば助かるはずです。その人数を確保するにも、イベント企画会社の規模や、パイプなども関係しており、まずは人数の把握から始めましょう。




サイト内検索
記事一覧